卒業までに🌱

f:id:himelife23:20171018063139j:image

 

少しいつもより早起きしたので、せっかくだから。

ずーっと書こう書こうと思っていたことをのこしておこうとおもいます。

 

今日は、これからの卒業までの半年について。今、考えていること、やりたいこと。

 

◎ゲストハウスゆかり オープン

ついに、わたしたちの夢が叶います✨

ここまで、本当に多くのみなさまの暖かいいろいろなカタチでの応援、関わりがあったからこそ、今があります。

本当にこころからの『ありがとう』をすべてのひとに伝えたいです。

そして、これからはその『ありがとう』のきもちをゆかりという空間やそこで過ごす時間、おもてなしを通してみなさまにすこしでも返していけたらなとこころから思います。

あと、半年、ゲストハウスゆかりでの日々をこころから楽しむとともに、これからわたしはどうやって関わっていくのかを見つけていく、次につなげるための時間にもしていきたいです。

 

 

◎『教育』についてもっと学びを深める。

どんなカタチでも、教育に携わりたいという想いはわたしの中できっと、一生通して貫きたいもの。

だから、もっともっと教育について知りたい、学びたいです。

今は特に、オルガナティブ教育、シュタイナー教育などこどもたちの自由な学びにすごく興味があります!

この半年は、いろんな枠を超えた学びやこれからの新しい教育について考えていたり、実践をしている学校やひとを訪ねたり、本を読んだり、話をしたり…いろんな形でもっともっと教育について自分の世界を広げていけるように学んでいきたいです。

 

 

◎卒業する!!

卒論早く書き上げます!単位最後まで取りきります!(笑)

 

◎想い出をたくさんつくる

第2のふるさと山梨で出会った大好きで大切な人達が、たくさんいます。

本当にありがたいことだなといつもいつも感じます。

私に関わってくれているすべてのひと、ひとりひとりとの出会いやつながりがなければ、今のわたしはいないです。

だからこそ、みんなと一緒に過ごせる時間を本当に大切にしたい。

だから、たくさんみんなと想い出つくりたいです。

目には見えない形だけど、一生消えない、タカラモノになる、本当にこころにのこるステキなものを。大好きな人たちともに。

大切な人を大切に。わたしがこれからもずっと大切にしていきたいことです。

 

◎読書・映画・カメラ・ドライフラワー・ 旅行などなど…とにかく『スキ』を極めてやりたいことをひとつひとつ叶える。

 

たくさん本読みます。読みたい本が次から次にでてきて追いつかないけど、私なりのスピードで1冊1冊きちんと自分のモノになるように。

 

映画もみたいのたくさんあるのでみれるだけみてもっと自分の引き出し広げられたらなと思ってます。

 

旅行は卒業旅行がメインになるかもだけど、大切な人たちとたくさん想い出つくってとにかく楽しい時間をたくさんたくさん過ごしたいな〜

 

やりたいことの一つで今トップなのがドライフラワー

ほかにもやってみたいことたくさんあるからチャレンジ精神大切に『知らないこと』を『知る』に変えるワクワク大切にしていこうと思ってます!

 

 

そんな感じでこれからの半年もいろんなことにチャレンジして、後悔のないように。

最後までわたしにできることをひとつひとつやりきっていきますので

ぜひみなさん一緒に楽しい時間を過ごしましょ〜💕

 

 

これからのこと。🌱

f:id:himelife23:20171012075002p:image

 

◎これからのこと

 

いろんなことがありました。
人生でいちばん自分に向き合ったくるしいくるしい半年だったと思います。
自分のことなのに何がいいのかわからなくてもやもやして苦しくて悔しくて辛くて…
でも、そんなとき支えてくれるのはいつもそばにいてくれる大切な、大切な家族や仲間や友達、憧れの素敵カッコイイオトナたち…わたしの大好きな人達でした。
そんな人たちの支えもあり、わたしなりにこれからに向けて大きな決断をしました。
報告とともに、宣言の意味も込めて、書きのこしておこうとおもいます。

 

まず、卒業したあとは、山梨を離れることに決めました。
地元に1年はとりあえず帰って、『先生』になるという小学校3年生からの夢を、かなえます。


応援してくれた人には残念な結果を伝えることになってしまって本当に申し訳ないなとこころから思っているのですが、わたしの中では、むしろ、よかったかなと思っています。

今の日本の教育現状を教員だからこそわかる部分を少し客観的に外側の視点からもみて気づいたり感じたりしたことを学んで次に繋げていけたらいいなと思っています。

 

この決断にたどり着くまで、かなりかなり悩みました、ぶれました。本当に本当にたくさんのひとに迷惑も心配もかけて傷つけてたくさん相談にのってもらって…どれだけ謝っても感謝してもしきれません。

 

去年末からゲストハウス立ち上げに関わり、やればやるほど、本気でゲストハウスやりたい!もっとこうしたい!次はあんなことやってみたい!
…がどんどん増えてきて時間が足りなくて。きっとこれからもっともっとおもしろいことが広がって熱くなっていくその時その場に自分がいない寂しさや悲しさがあって…

 

たくさんたくさん考えたけど、シンプルに。
これからもわたしがずっと大切にしていきたいことは『大切な人大切なものを大切にする』ということ。

わたしにとって自分より大切な存在のひとつが家族。
やりたいことはたくさんあるけど、まずはこれまで支えてくれた家族のために私ができる形があるならそれで何かできたらいいなと思ったし、ずっとずっと信じてくれて応援してもらったから今度はわたしが信じて応援する番かなと。
それに、この期間で自分らしく生きていくためにもっと自分と向き合って自分のやりたいことを具体化してスキルを身につけて…そういうこれからの自分の人生のための大事な準備をしようと思ったからです。 

だから、わたしは私の形で、
18年間育った大事な、大好きなふるさとで
また新たにがんばろうと思います。

 

その先は、まだ私にもわかりません。
もしかしたら、ゲストハウスやりたくて山梨に戻ってきちゃうかもしれないし
そのまま地元に残るかもしれないし
全然違うところで暮らし始めるかも…
でも、それでいいかなって!
常に変わっていいんだって思えたから。

枠にはめられるのが苦手で逃げたくなっちゃう人だから。(これはうお座だからなのかな🐟笑)
やりたいことがたくさんあるから叶えられるタイミングで叶えたいし、そのときがきたらまたそのとき考えようかなと。。
わりと適当ですが、今までもなんとかなってきたからなんとかなるかなーという気もしてます。

そんな感じで人から見ると大丈夫か、ちゃんと生きていけるのか心配だぞと思われちゃうゆるーい生き方になってしまうかもなのですが
それでわたしが大切な人を大切にできていちばんしあわせにいきれるなら
それでいいのかなと思ってます。

 

だから、これからもこんなわたしですが
みなさん、仲良くしてください😌😌💕

学びの教室💡

f:id:himelife23:20171006131912j:image

後期に入って、はじめての授業は

いつも学び合うのが楽しくてワクワクがとまらないステキな先生と仲間たちと『教育』について学び合うサブゼミの時間。

 

夏のゼミ合宿ぶりに久しぶりにあったみんなと学び合う時間はやっぱり楽しかった!!

 

最近のできごとを自由に話す時間では、それぞれが今、感じてることを自分の想いのままに自由に話し合います。

どんなことでも話せるのは、みんなが聴いてくれて受け止めてくれるから。

安心してどんなことでも話せるみんなとの関係、あったかい居場所があること、みんなが自然とその空間をつくりだせることがステキだなと思うし、そんな場、そんなつながりがもてているということがほんとにありがたくてしあわせだなと思います。

 

後期からはまた、新しい本を読み始めることになりました。

今日は、その最初の部分を小学生に戻った時みたいに丸読みで。

そのあとは、読んで感じたことをそのまま自由に話し合います。

 

今回の学びあいで、こころに残っているのは、

 

◎教室の"枠"を超えた学び

 

実習にいって改めて感じたのは、自分の母校がいかに恵まれた環境にあったかということ。

わたしの母校は、いい意味でまわりに何にもなくて、自然に囲まれた山の上にあって。

学校には学校専用の森があって畑もあって。

クマよけのおっきな鈴をランドセルにつける習慣がまだ残ってるくらい。ハチがでることもしばしば。

わたし自身も、小学校の時の記憶でよく覚えてるのは教室をでて学んだ授業。

森で秘密基地をつくった授業。畑で野菜を育てた授業。収穫した野菜を外で食べた授業。冬にはグラウンドでそり滑りや雪合戦をしたこと。国語の教科書をもって、外でみんなで読んでみたこと。。。

『本物』を五感で感じるってとっても大事だなって思うし、そういうものをこどもたちに学んでほしいなっておもう。そんな授業がしたい。

同じ一本の木でも色や感じ方いろんな違う表現がこどもたちから自然と生まれてきてそんな、ひとりひとり違う感じ方を認めあって違いをおもしろがれたらいいなって思う。

教室の『枠』を超えた学び。もっと考えて深めていきたいな💭

 

◎『いい子』の定義

先生の言うことを聞く子が、『いい子』なわけじゃない。もしかしたら、周りからの目を気にして『いい子』でいようと頑張ってる子もいるかもしれない。

その子のどんな面をみるか。

この子はこういう子と一時期の一場面で決めつけるのではなく、多方面から見て理解しようとすること。

本質を見抜くこと。よく耳を澄ませて、よく見てみること。

わたしは、どんな子も『いい』部分って必ずあると思うから、その子のいい部分を見つけてあげられる人でありたいなとおもう。

 

◎居場所づくり

人間的な暖かさは、いろんな経験体験からすこしずつすこしずつその子なりの感性が磨かれて豊かになっていく。

こどもたちが、この教室で、このメンバーで学べてよかったと思えるような『居場所』をつくってあげることが大前提としてあること。改めてその大切さを感じました。

 

また後期もみんなで学びあえるのがほんとに楽しみです。

そして、後期はもっともっと自分なりの視点で『教育』について考えたり学んだり深めていきたいし、いろいろアンテナを広げて行動してみたいなと思っています!

 

 

 

Books🌱

f:id:himelife23:20171006124343j:image

続きです…

 

5.母さんのコロッケ

f:id:himelife23:20171006124416j:image

いま、わたしがここに存在していること。

それまでに何万何千人ものつながりがあって

いのちをつなぐバトンが渡されてきて

いま、ここにいる。ってほんとに

すごいキセキなんだなって思えた。

時代が変わっても変わらない想いがある。

わすれちゃいけない事がある。

伝えていかなきゃいけないことがある。

そんなことを改めて考えさせられ思い出させてくれた1冊でした。

 

6.ヨシタケシンスケさんの絵本シリーズ

f:id:himelife23:20171006125005j:imagef:id:himelife23:20171006125027j:imagef:id:himelife23:20171006125242j:image

最近ハマってるヨシタケさんの絵本シリーズ

特に僕のニセモノをつくるにははほんとにおもしろかった〜

ひとりひとりちがうってこういうことだよねって

大人になったからこそいつのまにか

固定概念に縛られちゃって

カチカチになっちゃって、

あたりまえだからだよとしか答えられくなっちゃうところに

あえて?を投げかけて

自由な発想をする。

こどもごころのステキさを思い出させてくれるヨシタケシンスケさんの絵本が大好きです。

 

7.ラブソファに、ひとり

f:id:himelife23:20171006125121j:image

石田衣良さんシリーズ。

いろんな女性のいろんな生き方。

同じである必要なんてなくて、自分なりの『しあわせ』のカタチを見つけられたら、それでいいんだなってことをいつも思い出させてくれる。

次に向かって、わたしなりに小さくても一歩踏み出して見ようかなって背中を押してもらいました。

 

8.いつかティファニーで朝食を

f:id:himelife23:20171006125934j:image

マンガだけどこれも最近読んでとっても好き。

いつまでも『女の子』でありたいな〜って思うし

こんなステキな朝ごはん食べたいって朝活したくなります💭

 

 

まだまだ読みたい本はたくさん!

いろいろ落ち着いたので、自分を深めたり耕したり、磨いたりする自分を大切にする秋にしようと思います。。。

 

f:id:himelife23:20171006130224j:image

 

 

 

 

Books🌱

f:id:himelife23:20171004075402j:image

 

夜がながーくなってきて

外も涼しくなってきて

秋だな〜と感じます💭🍁🍂

秋になるとしたくなることは、

『読書』

もともと本読むのとっても好きなんだけど、

夜更かしして温かいカフェオレとか飲みながら

本読む時間が最高にしあわせ感じます。

 

 

ではでは、最近読んだ本、まとめて更新っ↓

◎1. 恋したひとは車いす

f:id:himelife23:20171004075715p:image

ほんとにあったおはなし。

作者の酒井さんの、どんなに大変でつらい時でも自分の想いにまっすぐな姿に、想いを叶えるってどんなときも自分の想いを曲げない強さでもあるんだなと思いました。

 

◎2.嫌われる勇気

f:id:himelife23:20171004075934j:image

実はずっと読んでみたかった本。

読みながら一緒にたくさんたくさん考えさせられて、ところどころ図星すぎて心にぐさぐさきたところもあった。

こんなふうに考えられる人がいたってことがほんとにすごいなと、シンプルに感動したし、あと2.3回じっくりじっくり時間をかけて考え直しながら読みたい本。

 

◎3.恋はあなたの全てじゃない

f:id:himelife23:20171004080233j:image

ダイスキな石田衣良さんの小説ではない本を初めて読みました。

ひとりの女性として、自分はどう生きていきたいか。すごく考えさせられた本。

 

◎4.食堂かたつむり

f:id:himelife23:20171004080358j:image 

ていねいにくらすということ。

自分が大切にしたいものを大切にすること。

こだわり。

もっと、自分を大切にしていいんだって。

自分を大切にしてたらそれがもしかしたらだれかをしあわせにすることにつながるかもしれないんだな〜って。

わたしもいつかこんな暮らし、生き方がしたいな〜。と思った本でした。

 

◎秘密結社Ladybirdと僕の6日間

f:id:himelife23:20171004081027j:image

ダイスキな作者のひとり、喜多川泰さんの作品。

 ちょうど組織としてのあり方に悩んでた時だったからなんか、まさに、今これ求めたって感じの1冊で。

心にぐさぐさきました。

喜多川さんの本は読み終わってから余韻が残るというか、読んでよかったな〜ってあとからじーんとくる本が多くてスキです💕

 

つづきはつぎの記事で→

整えるということ。

 f:id:himelife23:20170912144729j:image

 

毎週火曜日はシェアハウスの朝活Day☀️

お掃除担当が決まっていてみんなでお掃除してごはんを食べるというルールがあって。

(忙しいメンバーばかりなのでみんながそろうのなかなかないけど…😢)

 

わたしはどちらかというと忙しさ、こころや時間の余裕のなさにお部屋の乱れが比例するタイプで。

あとは、大雑把で、でも、やりはじめるととことんやりたくなるこだわり症みたいなのがあって

ひとり暮らししてるときはどうしても腰が重いお掃除も

シェアハウスでみんなと暮らすようになって

ゆかりのお掃除をするようになって

お掃除苦手なだけでホントは心を込めて時間をかけて丁寧にするお掃除は好きなんだなってことに気づいた。

 

いつもより朝早く起きて好きな音楽聞きながらお部屋を掃除する。そんな時間がスキ。

キレイになっていくのが目に見えると

うれしいしなんかスッキリサッパリした気分になるし

朝の時間をうまくつかうってその日をいい1日にするためにとっても大事だなって思う。

 

それに、自分のためにじゃなくて、

みんなが、ゲストで来られる人が気持ちよく過ごしてもらえたらって

相手の顔を思い浮かべながらするお掃除

自然と想いがこもるお掃除はほんとに楽しくて。

時間を気にせず没頭できる。

 

 

お掃除はわたしにとって自分と向き合う時間でもあって。

日々の中でなかなかそこまでする余裕がない考え事をしたり、何か突然アイディアがでてきたり。日々の時間の余白みたいなもの。

 

そんなお掃除中に浮かんできたこと残しておきます📝

 

◎変わっていくことは当たり前だし新しいものがどんどんでてきてよくなっていくのはいいことだけど、そんな時だからこそ確かにかわってほしくないもの、残り続けてほしいものってある。

それは歴史的な建物だったり、文化だったり、ひとによって違うと思うけど。

日々新しいものがでてきて手を伸ばせば簡単に掴めるからこそ自分にとって大切なものを見逃してしまいそうになる。

だから、自分にとっての大切なものは何かという軸をもってブレないようにすること。

大切なもの、大切な人を大切に。

 

◎目に見えないものを大切にできる人がスキ。

つながりとか、想いとか。経験とか夢とか。

わたしにとってはそういう目に見えないけど確かにあるものの方がとっても価値あるものだし、大切にしたいもの。

だからこそわたしも大切にできる人でありたいし、大切にできる人って素敵だなって思う。

 

◎なぁなぁにせず手間と時間をかけただけ想いがこもると思う。
目に見えない相手を想ったお掃除をしたい。

まだ見ぬゲストを思うと憂鬱なことも楽しくてワクワクすることに変わること。

キレイになる度にいよいよっていう実感が湧いてきたこと。

 

◎畳の拭き方を知っていたということ。
私の中にちゃんとのこるじいちゃんに教えてもらった記憶。

受け継ぐということは遺してくれた人の生きた証を大切に守り継ぐということだと思う。

 

◎日々新しいもの移り変わる時代だからこそ
時間に追われるからこそ
あえてときから解放されて丁寧に丁寧にシンプルに日常に向き合う中で見えてくる本当にわたしにとってたいせつなもの大切にしたいとおもうものがそこにはある。

 

◎便利な時代だからこそ手間を大事にしたい
アナログが好き
手書きがすき
紙が好き

 

身の回りを整えるということは、自分を整えることともつながるんだなってことがわかった!

 

 

 

 

クラウドファンディングに挑戦して。

f:id:himelife23:20170901231753j:image

 

8.30までの間、クラウドファンディングに挑戦していました。

そこでたくさん感じたこと、学んだことがあったのでこれからに、つなげるために残しておきたいなと思います。

 

クラウドファンディングに挑戦してみて

いちばん感じたことは、『つながりの暖かさ』でした。

クラウドファンディングを始めた当初は書類の作成だったり、試験だったりいろんなことでバタバタしていてスタートダッシュが遅れてしまい、いざ!と本腰を入れた時には時間がかなり過ぎてしまっていたこともあり、思ったようになかなか上手くいきませんでした。

そんなとき、周りの人達からいろんなアドバイスをいただきました。

中には厳しいコトバもたくさんあったけど、それは本気でわたしたちのことを想ってくれていたからで。

そのコトバひとつひとつに学びや気づきがあってそれをもとに自分たちで考えたり行動してみたりすることで次につなげることが出来たり、視野や考えの幅を広げることが出来ました!!

 

そこから学んだことは

自分たちがどれだけの想いをかけているか、本気度って伝わるし、その分だけカタチとなって返ってくるということ。

クラウドファンディング中につながりのある方みなさんにひとりひとりお願いのメッセージを送りました。

中には、人からお金をもらって自分のやりたいことをやろうなんて何を考えているんだと批判のおことばが返ってくることもあり、すごくすごく傷ついたし、苦しかったし、辞めたいなと思ったこともありました。

でも、それ以上に、いつもSNSで頑張ってるの見てるよ!とか完成したら遊びに行くからね!とか

支援はできないけど、私にできる形で協力させて下さい!!

とかわたしが大切に思っているかけがえのない存在のひとたちから想いのこもった暖かいコトバがたくさんたくさん届きました。

先輩も後輩も、小中高の地元の友達も、先生も、つながりのあるいろんなひとたちから本当に暖かい応援メッセージ、長文でのSNSシェア、実際にパトロンとして、支援してくださるひとたちがひとり、またひとりと増えていくたびに感動で胸がいっぱいになりました。

自分のつながりがあるひとたちからの応援が何より頑張る原動力になりました。

 

感謝のコトバ『ありがとう』のひとことで言い尽くせないくらい本当にありがたくて、うれしくていかにじぶんがまわりの人に恵まれているのかをこころから感じた日々でした。

 

元々はゲストハウスつくるってなんか楽しそう!!ワクワクするし、やってみたい!!

どちらかというと誰かのためよりも自分本位ではじめたこのゲストハウスづくり。

だけど、開業に向けて1歩1歩進むうちに少しずつその想いは変わっていきました。

今は、自分たちのためでもあるけど、それ以上に今までわたしたちの夢を応援してきてくれたたくさんのひとたちと、これからゆかりを通して出会うたくさんのひとたちのためにゆかりをつくりたい。そう本気で思います!

 

わたしたちはゲストハウスつくりたい!!って想いを発信して、行動してみただけで。

わたしたちのもつチカラはちっぽけで

毎日知識や経験の足りなさをヒシヒシと感じることばかりで。

でも、そんなときに、たくさんのひとがわたしたちに暖かく手を貸してくれました。

 

空き家を探していたわたしたちにここにあるよ!と教えてくれた地域の方、SNSをみて連絡をくれた方たちがいます。

ゲストハウスを実際に経営している方たちが自分たちがゲストハウスをしてみての経験を惜しげもなくわたしたちに教えてくれました。

わたしたちの活動を見て、何か協力できることはないか、興味があると声をかけてくださった方たちがいます。

わたしたちゆかりのために歌をつくってくれた方達、一緒に街歩きしてくれたひとたち、マップをつくってくれているひとたちがいます。

わたしたちのSNSから暖かく見守ってくれているひとたちがいます。

ゆかりを改装してくれた大工さん、水道屋さん、左官屋さんいろんな職人さんたちがいます。

ゆかりの改装をお手伝いしに来てくれたたくさんの仲間達がいます。

他にもたっくさん。

いろんなひとたちがわたしたちにいろんなカタチで関わってくれたから今がある。

そのおかげで、今、わたしたちは開業に向けてあと1歩というところまでこれています。

わたしたちメンバーだけでは絶対に叶わなかった夢です。

 

 

だからこそ、ここまできたからには、もう引き返せないし、引き返すつもりもなくて。

どうやって継続するの?卒業したらどうするの??

いろんな声があります。

正直、わたしも、今はこうします!!ってハッキリ言えません。これからのことハッキリわかりません。だから、聞かれると苦しくなる時もあります、、

でも、これだけはハッキリいえます。

始めたからには最後までやりきる覚悟はあります。

ゆかりを通してひとりでも多くの人につながりのステキさ暖かさを伝えたい。

1歩踏み出そうとしているひとの背中をそっとおしてあげられるような人としてチャレンジを応援したい。

誰かの何かのきっかけがつくりたい。

わたしたちの夢を応援してくれたひとたちみんなにゆかりを通して『ありがとう』のキモチを伝えたい。しあわせなキモチになってもらいたい。

想いは膨らむばかり。

本気でやりたいことにであえて、大切な仲間達とともに本気でやれて、それにたくさんのひとたちがチカラを貸してくれて本当にカタチになる。こんなにしあわせなことって、ワクワクすることってありません。

やっと、みつけた感じです!!こんなのはじめてで自分でもびっくりしています。半年前には思いもよらなかったことだから。

 

これからが本当のわたしたちのはじまりです。

わたしがやりたいのはきっかけづくりだから。

だれかの何かになりたい。

たくさん頂いた想いにこころから感謝して

わたしたちらしく

1歩1歩進んでいく中で

わたしなりのゆかりとの関わり方を見つけていく半年にしていこうとおもいます。

だから、どうか暖かく見守ってください!

 

ご支援ご協力頂いた皆さま。

本当に本当にありがとうございました!

これからすこしずつすこしずつみなさまからい ただいたものわたしたちなりのカタチで返していきますので時間はかかるかもしれませんが気長に優しいこころで待っていてください!!

 

クラウドファンディング

苦しいことも辛いなと思うこともたくさんあったけど、挑戦してよかったと今はこころから思います!

目標金額には達成しなかったけど、それ以上に得たもののほうがたくさんありました!

悔しいというよりもうれしい、しあわせ、ありがたい、もっともっとがんばらなきゃ!のキモチの方がおっきいです。

みんなの暖かい想いや、勇気を出して何ふり構わず本気で自分たちに出来ることを考えて考えて行動して精一杯チャレンジした経験はわたしとってとっても価値あるものだし、これからもずっとずっと大切にしていきたいかけがえのない経験です。

 

もちろん、頂いたご支援金は大切に大切に、ゆかりに来て下さるゲストの方々が心地よく過ごせる空間づくりのために使わせていただきます。

完成したら、ぜひぜひいつでもゆかりに遊びに来てください!

ゆかりにてお会い出来ることこころから楽しみにお待ちしております🏡

 

本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!!